資料請求は無料です!
↓↓↓

子供が小さいうちに医療事務の資格を取っておこう!

今は子供も小さいから育児に専念したいけれど、子供が幼稚園に入園したり、小学校に入学したら仕事がしたい。
そのようにお考えの方は多いです。

でも、子供もいるし、パートやアルバイトでも雇用してもらえるのかなど分からないしということで、育児をしながら、就業に有利な資格の取得に向け、勉強を始める人も最近ではとても多いです。

その中でも人気になっているのが医療事務の資格です。

医療事務の資格は通信講座を利用すれば自宅で勉強して最短で3ヶ月、通学講座(スクール)なら最短1ヶ月で取得できるんですよ。

通信講座ならお子さんが寝た後とかちょっとの時間を上手に使えば勉強できますよね。

カリキュラムはライフスタイルに合わせて色々選択できるようになっていて、3ヶ月〜8ヶ月という期間を選択できるようになっています。

色々なカリキュラムがあるのなら色々比べてみたいという方は、無料の一括資料請求で医療事務の通信講座内容を比較してみてはいかがですか?

各通信講座には受講期間など色々と特徴がありますから、手元に各通信講座の資料を取り寄せて比較してみるとわかりやすいですね!

数種類の医療事務通信講座の資料を一括請求するならこちらが便利です!

資料請求は無料です!
↓↓↓


医療事務の資格は主婦や子育て中のママの間で人気の資格となっています。医療事務のお仕事は勤務形態がたくさんあり、自分のライフスタイルに合わせた勤務が出来ると言う点。また業務内容が日本の医療機関であれば、だいたい同じなので引っ越しや育児休暇後などでも復職しやすいという点が人気の理由になっています。

医療事務のお仕事は経験が重要視されるお仕事ですが、医療事務の資格があれば未経験可という病院も少なくありません。また、雇用形態も正社員や派遣に加えてパートもあります。パートの場合週3.4OKという求人が多いですね。

では、医療事務の資格取得に向けてどうやって勉強したら良いのでしょうか。
子育て中の場合、家事や育児で忙しいので、効率の良い勉強法をする必要が出てくると思います。

医療事務の勉強法は、
・専門学校や短大などに通う
・通学講座に通う
・通信講座で学ぶ
・独学で勉強する
の4つがあります。

忙しい育児中のママが通学で学ぶと言うことは、 誰かの協力なしには無理ですし、また費用面でも家計の負担にならないか気になりますよね。
では独学はどうでしょうか。
費用は抑えられますが、自分で計画を立て勉強を続ける、強い意志と継続力が必要になってきます。
また疑問点などがあっても自分で解決しなければならない為、時間がかかってきます。

では、どのように資格取得に向けた勉強をするのが良いのでしょうか。
子育て中の主婦の勉強法としては、通信講座がおすすめです。
通信講座を利用するメリットとしては、
・通学講座などと比べると費用が抑えられること。
・好きな時間や少し手が空いた時間に(例えば子供のお昼寝中や夜寝てからなど)勉強できること
・独学とは違い講座を利用することで、資格取得へのノウハウを知ることが出来たり、いろいろなサポートがあること
ということです。

子育て中の主婦にとって、好きな時間、好きな場所で勉強できるという点は重要だと思います。

通信講座ですと、課題の提出があったりと大変なようにも感じると思いますが、課題があることによってモチベーションの維持が出来るというメリットもあります。
また、独学では知ることのできない、どのように学習を進めていけばよいかなどのノウハウも知ることが出来ますし、試験の出題傾向なども抑えてありますので、通信講座を利用することによって、重要な部分や出題頻度の高いところを、集中的に学習することが可能な為、資格取得への近道になります。


医療事務の事こんなこと不安じゃないですか?

色々ある通信講座どれを選んだら良いの?

通信講座と言っても、たくさんの講座があるので、どれを受講したらよいか迷うのではないかと思います。

そこで選ぶ際でのポイントですが、
・何の資格試験に対応した講座であるのか?
 目指す資格試験を、まず決めるのが必要です。

・無料延長制度はあるのか?
家事や育児で忙しく、学習計画通りには進まないものですよね。
受講期間延長期間はあるのか、その期間はどの位なのか確認が必要です。

・就業サポートはあるのか?
通信講座でも通学講座同様に受講後の就業サポートを行っているところが多いです。
希望者に、無料で案内のパンフレットを郵送してくれるところが多いです。
金額・期間・サポートなど、各講座によって違いますので、なるべくたくさん案内パンフレットを請求して、比較し、自分に一番講座を選ぶと良いと思います。



医療事務の中でも色々ある資格、どの資格を取るのが良いの?

医療事務の資格の種類は実にたくさんあり、実際に30種類以上あります。
では、どの資格を取得するのが良いのでしょうか。

・診療報酬請求事務能力認定試験
医療事務の最高峰と言われている試験になります。
厚生労働省認可国家認定試験になり、難易度も高めですが、人気が高い試験です。
多くの医療機関からの信頼も高く、この資格を持っていると資格手当がつく医療機関も多いです。

・メディカルクラーク試験(医療事務技能審査試験)
長い歴史のある試験で、医療機関からの信頼も高いです。

・医療事務管理士試験
こちらも医療機関からの信頼の高い資格試験です。
ユーキャンの講座を修了すると「医療事務管理士技能認定試験」を在宅受験する資格が得られますので、おすすめです。


医療事務に向いている人とは?

どの仕事にも、向き不向きというのはあると思いますが、 では、どんな人が医療事務の仕事に向いているのでしょうか。

医療事務は一般事務とは違い、医師や看護師、それから患者さんなど多くの人と接する仕事で、いわば接客サービス業ですので、 人と接することが苦手という人には向いていないでしょう。 一方、人と接する仕事が好きな人には向いている仕事と言えます。

このように患者さんとのコミュニケーションは必須となってきますので、人の役に立ったり、思いやりの心を持って患者さんと接することが大事です。 またレセプト業務や、窓口受付、会計業務などでは専門的な知識と細かな、迅速で正確な作業が求められます。


勤務形態が選べるって本当?

医療事務のお仕事の勤務形態は実にさまざまな形態があると言えます。 正社員・契約社員・派遣社員・パート、アルバイトと多様です。 また月末〜月初のみの請求業務時だけ働いたり、週に3回のみの勤務という働き方もあります。

このように、勤務形態はたくさんありますので、自分の生活スタイルに合わせ働くことが可能です。 例えば子供が小さいうちはパートやアルバイト、子供が小学生になったら、勤務経験を生かしてフルタイムや正社員になり働いている人も多くいます。


資格取得後は、すぐに就職先が見つかりますか?

医療事務のお仕事の求人数は比較的多いと言えますが、 資格を取得したら、すぐに就業先が見つかるのかと不安を抱えている人は多いと思います。

おそらく医療事務の資格取得を目指している方の、ほとんどは就業することを目標に取り組んでいることと思います。 通信講座の中には就業サポートを行っているところも多くありますので、そのような講座を選ぶと良いと思います。

資料請求は無料です!
↓↓↓